家族構成
現在実家がある県の隣県にとついで夫、6歳の子供1人と3人で賃貸アパートで暮らしている会社員の28歳です。

 

家族は父親、母親、姉、兄、自分の5人家族。

 

構成上はそうなっていますが、自分が3歳の時に両親は離婚。

 

兄弟すべて独立し、3人とも同じ県でそれぞれ暮らしています。

 

一方の両親は、父・母ともに一人暮らしをしています。

 

両親は離婚はしましたが、車で10分くらいのところに住んでいて、兄弟が独立した後は高齢なこともありお互いに何かあれば行き来し合って生活しているようです。

 

普段は両親とも、に働いているために仕事がメインですが、孫の行事があれば隣県なので泊まりに来たりしています。

 

また母親は、自分と音楽の趣味や好きな芸能人が一緒の為に、年に1度は必ずライブに行き積極的に動いています。

 

他にも、余生を楽しんでいるようで、同じく一人暮らしをしている友達とバスツアーに出かけたりもしています。

 

驚くことに、父親とも離婚をし別々に住んではいますが、年に数回二人で県外に旅行もしているようです。

 

本人たちいわく、一緒には住みたくないが気が合わないわけではないようです。

 

心配なこと
他の兄弟が心配しているかはわかりませんが、自分が一番心配しているのは、将来両親が亡くなった後の親のお金の問題です。

 

具体的な悩みとしては、兄弟が3人いますが母親の戸籍には自分、父親の戸籍には姉と兄が入っています。

 

その為に、独立するまでも暮らしていたのは別々の家。

 

現在両親共に健康で健在です。

 

しかし、もし何かあって介護等することになったら、それぞれの家の人が、面倒を見ようとはなっています。

 

ですから、そこは問題ありませんが、遺産や母親に関しては母方の祖父の持家なのでそこら辺の問題が出てくることが悩みです。

 

母方の祖父は数年前に他界しましたが、名義はまだ祖父のままだとゆうことを最近知りました。

 

また、母方の祖母に借金が少しあることも最近知りました。

 

母親は、迷惑をかけないように毎月返済をし、完済しようとはしていますが、もし完済するまでに何かあったらどうしようかと思っています。

 

またこの事実は、ほかの兄弟は一切知りません。

 

母親としても関係ないといい、教える気もないそうです。

 

自分としては、母親の席籍には自分しかいませんが、遺産となるとそうも言ってられないので、知っておいてほしいとは思いますが、まだ健在の為に口出しするにも出来ずに悩んでいます。

 

法律上のことは無知なので今から勉強して対策するか悩んでいます。

 

痛み
実際、母親と父親には法律上離婚しているので問題はありませんし、亡くなった後にどうこうしようとゆうことはお互いにないと言っているので、問題はありませんが、兄弟は少なからず戸籍に関係なく血を分けているので問題はあります。

 

いくら兄弟が承知の事実で、片方の親にしか関係がないと言っても、いざとゆうときには何が起こるかわかりません。

 

今は、兄弟がみな仲良く連絡も取りあっていますが、今後のことは誰にもわかりません。

 

父親の方のお金の問題は、何一つ自分も知らないし、知ろうとも思っていませんが、親が高齢になるにつれて財産や不動産、借金等兄弟みなで把握しておくべきではないかと思います。

 

また、母親には妹もいて、実家は祖父名義の為に叔母にも権利があり、その辺のところも祖父が亡くなっているので、きれいにしておきたいのですが、母親は叔母と折り合いが悪く会おうともしませんし、話題に出すことも嫌がります。

 

実際本人が、父母が亡くなった際に叔母ともめたこともあるので、自分たちはそうなりたくないと話している伊野に聞く耳をもたず。

 

どこから片付けていいのかも、自分としてはわからずにお手あげ状態です。

 

実家の祖父母のものも、叔母に相談なく勝手に処分もはじめ悩んでいます。

 

行動
まず親が高齢になってきたので死ぬことが身近にあるとゆうことをことあるごとに伝えるようにしています。
実家は離婚してから母親がずっと住んでいるので母親が守ってきたことを否定するつもりはありませんが
法律上祖父名義のものはその子供である母親以外に叔母にも権利があるのではないかと思います。
その旨は伝えていますが母親は自分の勝手だと言い張ります。
祖父母の葬儀の際も形見分けをする際に叔母に渡すことなくすべて処分しようとしていて大ゲンカになっていました。
そのことを考えると規模がだいぶ大きくなる実家に関するさいはもっともめそうなのでこのままにしておきたいですが、
母親が亡くなると手続きももっと面倒なものになりそうなので今のうちに方向性を決めておきたいのですがどれもうまくいきません。
その中でうまくことが運んでいる唯一のことといえば終活ノートを作成してもらっていることです。
これに関しては姉、兄は母親の死後何もしないのを知っているので
自分がすべてを把握するのは無理だとこんこんと言い聞かせて買い与えて、
時間のある時に書かせています。これにより少しは解決はしませんし今すぐ何かが変わるわけではありませんが
母親の死後に困ることが少なくなるのではないかと思っています。

 

アドバンス
今現在何一つとして解決もしていませんし、自分自身この件に関して知識や知恵は何もありません。
元はといえば離婚して全く他人になってくれれば簡単なものが、ありがたいのかわかりませんが家族皆仲良くしていることが原因と思います。
そして兄弟みなお金や今後のことを現実として考えていません。
祖父母の葬儀の際も他の兄弟は母方の祖父母だったこともあり参列のみで面倒なことは見ていません。
実際に見た自分の意見など全く聞く耳もたず。といったところです。
今からでも遅くはないのですが、自分自身結婚する前ならもっと自由な時間があったはずなので
その時にすべてきれいに時間がかかっても面倒でも解決しておけばよかったと後悔しています。
子供がいると実家の問題ばかりに構っている暇もなくすべて後回しになり
両親に気をかけなくなってしまいました。
面倒でも後回しにせず、現実をしっかり見て、あと後いやだなと思うことがなく生活できるように
聞きにくいことや踏み入れるのが怖いことも早い段階で向き合っていくことをお勧めします。