老後のお金悩み

いつまでたってもお金が貯まらない!見栄を張る父親を持つ息子の苦悩

両親ともに健康そのものだけれどもアレコレと悩む息子

こんにちは。現在大阪の方で一人暮らしをしている中西ゆうたと申します。職業は自営業をしている22歳です。

父親は現在61歳で、以前までレストランを経営していましたが経営難でレストランを閉じてしまいました。

現在は、おばあちゃんの実家で旅館の副オーナーをしております。

おばあちゃんの介護や面倒を見る人がいないので、やむおえず父親がおばあちゃんの実家に帰っておばあちゃんの面倒を見ながらお仕事をしているので、少し大変そうです。

実家暮らしということもあって、週末は友達や後輩としょっちゅう飲み会に行ってお金を使っています。

母親は現在63歳で教育関係の塾を経営。

現在は愛知県で一人暮らしをしていて朝から晩まで働いております。相当やりがいを感じているらしく、常に仕事のことを考えています。

休みの日はジムで体を動かしたりお寺を回るのが好きなので、友達とお寺回りを楽しんだりしています。

妹は現在21歳で、大阪の方で1人暮らしをしております。今は大学生で来年度から就活があると意気込んでいます。今はアルバイトとサークルなどに明け暮れていますね。

見栄っ張りな父親が兄弟の医療費まで負担している現在

私が親のお金の問題で一番心配している悩みは、貯金と年金です。

父親は自営業をしていたので、当然年金はほとんど出ません。ですから必然的に、生きて行くにはこれからも働き続けないといけないことが心配です。

また、おばあちゃんのこれからのことを考えると、老人ホームに入れてもお金がかかってしまいますし、病院にもお金がかかり、これからどんどんお金が必要になってしまいます。

先日お父さんの兄弟が大きな怪我をしてしまい、その病院の費用をお父さんが全部立て替え払いしています。

兄弟だから仕方がないのかもしれませんが、その人はまともに働いておらずに父に頼ってばかり。

私の父がいくら働いても介護や入院費に消えてしまい、父親の老後の生活に貯金が全くないケースがすごく心配ですね。

実家があるので、家に困ることはありませんが、これから少しでも貯金をして行って老後にたくさん働かなくてもいいように、計画を立てていって欲しいですね。

一方の母親は、割と計画性を持って貯金をしているので安心ができます。そうは言うものの、母親も自営業。年金はほとんど出ないので、これから仮に入院費や通院費などがかかる場合はどうするんだろうと少し心配になります。

母親の兄弟達は、ものすごくしっかりしていて、かつ公務員ばかりなのでいざとなったら助けてくれると思うので、そこは安心しています。

見栄っ張りでカッコつけたがりの父が散財する毎日

父親はとにかく優しすぎるので、何に対してもお金を出してしまいます。

例えば、友人や後輩にお金を貸して欲しいと頼まれると簡単に貸しますし、週末の飲み会は全て自分で払います。おまけに、親戚一同の飲み会や忘年会でも基本的に父は自分が出すといいだします。

老後を考えると、そんなにお金を出してていいのか毎回疑問で仕方がありません。

カッコつけたい気持ちはすごく分かるんですが、計画性が一切ありません。

とにかくお金を払う場面があれば、自分がお金を払い、お金を貸して欲しい人がいればすぐにお金を貸します。

その貸したお金も、帰って来ているのどうかも分かりませんよ。

父親の口癖で「〇〇さんには、いつもお世話になってますから」で、貸したお金をチャラにしているのではないかと心配でたまりません。

母親は、お金の管理に関してはすごくしっかりしているので心配する点はないのですが、健康グッズを買っまくっていますね。

家にはたくさんの健康グッズがあって、そのほとんどが未使用品。「使うものだけ買ってよ」と言っていますが、気付けばそこにお金を使ってしまい、10,000円を超えてくるような高額な商品もしょっちゅう買っています。

健康グッズを買うのはいいんですが、使わないものは買わないで貯金して欲しいですよね。

会うたび父親が渡してくるお小遣いで将来のため貯金

父親には、とにかくお金を貯金して欲しいと言い続けています。

どれだけ注意しても「ここは俺が出さないといけないだろ?」とか「いつもお世話になってるから」と言うんですが、自分の将来のことをもっと考えて使って欲しい。

馬の耳に念仏状態ですが、「今後のことを考えて貯金をしてよ」と言い続けています。

しかし、所詮自分の子供が言うことなんて耳を傾けようともしません。

私が父親に会うと1万円程お小遣いをくれるのですが、そのお小遣いを銀行に貯金して父親の老後の蓄えにしています。

これはまだ父親には言っていないので、仕事を辞めて老後に突入した段階で渡してあげようと計画しています。

母親はとにかく物を買うことが好きなので、健康グッズの他に服や靴など、家にものが溜まっていきます。ですから、定期的にいらないものを高価買取をしてくれるリサイクルショップなどに売りに出しています。

母親の買った商品は、未使用や新品のものが多くあって意外と高く売れるケースが多いですね。

母親貯金の場合、その売りに出して返ってきたお金を貯金箱に全て入れています。

これを2年前から始めていて、貯金箱が結構溜まってきています。あと2,3年は続けていきたいと奮闘しています。

散財は止められでもオレオレ詐欺には引っかからないで

うちの父親はとにかくお金を使い込んでしまう癖があります。これについては私がどうこうできる問題ではないと悟りましたので、現在は解決することができていません。

特に、これからの老後は詐欺などに注意して慎重にお金お使い道を選んで欲しい。「オレオレ詐欺には絶対に注意して」と日々ガミガミ言っておりますが、凄く心配ですね。

おばあちゃんがオレオレ詐欺に一度引っかかってしまったので、そこはすごく警戒しているみたいですが、普段のお金の使い道もしっかりと警戒して欲しい限りです。

今後は高齢化社会が進むと言われており、否応なしにお金が必要になってくるのは目に見えています。

ですから、なんとか親自身に将来の心配をしてもらうことが、一番の解決策ではないでしょうか?

今後、自分達が何十年も生きることを考えると、あと最低でもいくら必要になるのかをしっかりと教えてあげることで、将来の心配を少しでも減らすことができます。

親は、自分たちの子供に対してプライドが高く、なかなか言うことを聞きませんが一度チャレンジしてみてください。

いつまでたってもお金が貯まらない見栄っ張りな父親

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

要点まとめ

  • あああ
  • いいい
  • ううう
  • えええ
寂しい老後を送る前に年金以外の収入源を確保しておきませんか?