老後の健康悩み

悲報!糖尿病で食事制限中の親は70代で現役タクシードライバー

親っていつまでも自分は元気だと思ってるから手が焼けますよね?

先日、我が家である事件が起きました。

義父はもう70歳近いのに、怪我した山ガールを背負って下山したっていうんです。

本人にしてみれば、武勇伝武勇伝でんでんって感じでしたが、ああ、ヤバいなって思ってたら、案の定、足の靱帯を切って大変な事態に発展。

下心があったのか、若い時と同じ感覚で頑張られるとたまったもんじゃない。

70代になってもタクシードライバーを辞めない父親

私は46歳の男で、職業は会社員でサービス業をしています。

私の家族は38歳になる妻と11歳の長男の3人家族で、妻は医療事務をしていて帰宅は19時過ぎの共働き。

私の両親は同市内在住で、車で30分程度の距離に住んでいます。20年前に一戸建てを購入し、現在はローン返済も終わっている状態です。

父の年齢は73歳で、職業はタクシードライバーをしています。

以前はトラックドライバーをしており長距離を走っていましたが、健康状態の不安から地元でタクシドライバーをすることになりました。

母は70歳で未だ看護士をしています。両親は共働き世帯で、2人きりで生活をしています。一緒に生活していないので正確には分かりませんが、家事は昔から変わらず母がしています。

休日は飼い犬の散歩や友人達と遊んだり、それなりに充実しているようで何よりです。

特に犬が大好きで、チワワ、柴犬、ゴールデンレトリバーと3匹飼っており、仕事と犬の世話で1日が終わる感じです。

頑固な父親は糖尿病を患いケガがなかなか治らない

親の健康で一番心配しているのは、父の糖尿病です。20~30年前から糖尿病を患い、それによる食事制限をしてきました。

他にも認知症の不安もありますが、やはり一番の悩みは糖尿病からくる合併症です。糖尿病が進行してくると、色々な病気を引き起こしてしまうのが最大の悩みですよね?

糖尿病が悪化した時の症状として挙げられる、勃起能力の低下。これも父にはあるようです。

デリケートな話なので直接は聞けませんが、母はよく「お父さんのココは役立たでね~」等の愚痴を冗談めいて話してます。

あとは傷の治りにくさや、目です。傷の治りにくさは年齢も関係あるかもしれませんが、物凄く遅いですね。

私自身40代半ばを過ぎてるので傷が治りにくくなった自覚はありますが、父の場合は軽い切り傷や打ち身でも、治るのに1ヶ月ぐらいかかってます。

打ち身による内出血でもしようものなら、ずっと治らない感じです。

それと目も心配ですね。父は糖尿病の悪化で、目の手術をしています。

幸い手術は成功しましたが、以前より眩しさを感じるようになって、日中はサングラスを掛けることが多くなりました。このように糖尿病の悪化で色々な不具合が生じてるようですし、このまま腎不全にならないか?と強く心配しています。

同居して介護したくても妻を差し出せないジレンマ

父の糖尿病は食生活や生活習慣由来のものなので、食生活や生活習慣を改善させてあげられなかったのが精神的な痛みとして残っています。

同居すればまた違う結果になったのかな?なんて感じたりもしてます。

ただ私達のような団塊Jr世代でもたまにいますが、亭主関白なところが父にはあるんです。

団塊世代以上の父親に多い傾向があると思うんですけど、父はズバリそれなんですよね。正直、その相手をしてる母は苦労してきたと推測します。実際、家事等の負担はすべて母が背負っています。

しかし冷たいかもしれませんが、そんな父を選んだのは母です。離婚する手立てもあったでしょうし、自業自得で他はありません。

ただ、同居して私の妻に同じ仕打ちをさせるかと言われれば、絶対に無理です。私の父と一緒に暮らし、母のようなひどい扱いを受けさせるわけにはいきません。

こういうジレンマもあって、現在両親と私達夫婦世帯は別居してるわけです。

ただ妻に負担は大きくなるものの、同居していたら父の糖尿病も快方に向かっていたのかもしれないし、逆に父も自分で選んで食事できるわけですから、自己責任だとも感じます。

私がそこまで責任を感じるのもおかしな話ですが、この辺りはちょっと難しい問題でもあるんですけどね。

母に代わって介護したいが仕事があるから非現実的

父の糖尿病は、食生活や生活習慣の改善でしか快方を望めません。

通院して薬をもらってるとはいえ、それだけで治る病気ではありません。ですので、私が出来ることといえば同居して父の食生活や生活習慣の管理をすることのみです。

私は、一人暮らし経験が長かったので、料理や家事等は出来ます。

しかし、朝から夜まで仕事をしてる現状では、父と同居したとしても私がしてあげられることは何もありません。

妻も朝から夜まで仕事をしていますし、妻も何も出来ないでしょう。それに父は私の父であり、妻にとっては赤の他人です。

ですので、その父の世話を妻にさせるわけにもいきませんし、するなら私が率先してすべきではないでしょうか?

でも生活リズム的に不可能ですし、現在は両親と別世帯で暮らして母任せにしています。まあ、たまに父と会ったら糖尿病に気をつけるよう、食事に気をつけるように一言言うぐらいです。

でも私の言葉で食生活や生活習慣を改善するような父なら、ここまで糖尿病を悪化させていないでしょうし、言うだけ無駄なんですけどね。

子供として何かしてあげたいが八方ふさがりなのが現状

昔、私の祖母が寝たきりになって介護したことありますが、一人の寝たきり老人の世話をするには、最低でも3人のマンパワーが必要だと感じました。

仕事をせず世話するだけなら可能かもしれませんが、実際は仕事をしながらだったりしますよね?そうしないと生活を安定させられません。

祖母の時は私、母、叔父等がいましたし、いよいよの時は介護施設でお世話になりました。

その時の費用も3等分でしたから、無事何とか耐えることができたと考えています。でも父の場合、母と私の2人でなんとかしなければなりません。

私は仕事をしていますし、母も仕事をしています。となると、父の糖尿病が悪化して将来的に寝たきりになった場合、私達で世話するのは難しいだろうなと感じています。

何も手立てを考えていないと、このような八方ふさがりになってしまうので気をつけて欲しいのが私のアドバイスになります。

父は亭主関白の頑固もので、正直妻にその世話をさせる気はありません。妻からしたら赤の他人ですしね。ですので、父の性格矯正も健康上の悩みを解決する手段の一つですね。

もう少し温和になって人の言うことに耳を貸すのなら、妻にお世話をしてもらうことを少しは考えたかもしれませんが…。

人生って色々難しいですよね。お互い考えすぎて病気にならないよう気をつけましょう。

糖尿病で食事制限中の親は現役タクシードライバー

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

要点まとめ

  • 父は70代になっても未だ現役のタクシードライバー
  • 頑固な父は糖尿病を患っているがなかなか治らない
  • 誰が介護するかで揉めているが妻は絶対に差し出せない
  • 子供として何かしてやりたいけど八方塞がりなの現状
寂しい老後を送る前に年金以外の収入源を確保しておきませんか?