老後のお金悩み

80代になっても現役バリバリの両親が心配!無借金家族経営の行方

80代になっても美容健康関連の代理店を辞めない両親

53歳男性、両親と3人暮らしで、派遣で仕事をしながら両親の仕事である美容と健康に関わる仕事の手伝いをしています。

父83歳、母82歳、2人とも健在で、30年前から始めた美容と健康に関わる代理店業務をしています。

仕事は会員制で、毎日のように会員さんが訪れ、仕事の話や手芸の話で盛り上がっています。仕事の中心は母ですが、父もはお茶を入れたり、買い物お担当したりと裏方で頑張っています。

父は10年前に脳梗塞を発症し、2ヶ月以上入院しておりましたが、重い後遺症も残らず毎日元気に暮らしています。

母は毎日、会員さんの応対で忙しくしています。会員さんとの関係は、お客さんの立場よりも仕事仲間の間柄で、毎日笑顔が絶えない生活を送っています。

母も8年前に目の角膜の移植を受け、今年も角膜を再度移植いたしました。また、原因不明の間質性肺炎を患い、咳が止まらなくなり入院をいたしました。

現在、目の検査と肺の検査を欠かせない状態が続いていますが、経過も良くまだまだ頑張ると言って仕事と趣味の手芸、ガーデニングに夢中になっています。

兄は結婚して栃木県足利市で暮らしており、介護の仕事で毎日忙しくしています。

年金を全て注ぎ込んで無借金経営を続けている実情

私が心配しているのは、年金を仕事につぎ込んでしまっている事です。

代理店業となると、仕入れをする必要があるのですが、銀行に頼らずお金の工面をしている関係もあり、年金も家計の足しと商品の仕入れにつぎ込んでいます。

両親が若く元気な時はバリバリ働けて、思い通りの収入を得ることが出来ましたが、動きが鈍くなってしまった現在では収入も減り、年金に頼らなくてはやっていけない状態です。

株に投資して消えてしまうお金の使い方ではありませんが、何か違う方法があるのではと心配しています。

さらに、両親が私に家業を継いで欲しいと思っている事も悩みの種ですね。

私自身そのつもりでいましたので、継ぐこと自体に抵抗はないのですが、自己資金も無いので今以上に苦しくなるのは考え物です。

30年以上両親が頑張ってきた仕事で、家族全員が多くの恩恵をけており、今現在健康でいられるのも家業のお陰と思っています。

私が結婚していたら、今このような悩みを抱える事も無かったのですが、両親が高齢となった現在、待ったなしの問題となっています。

とにかく両親の年金は使わずに、仕事を継続できる方法を探すことが優先課題となっています。

妹のために援助を続ける母親に腹が立って仕方がない

私の母には、現在2人妹がいます。

1人はバツイチで、もう一人は夫を失くした未亡人です。現在2人とも年金暮らしなのですが、受給額が少なく、生活していくのがやっとの状態です。

将来このような状態になる事が解っていたはずなのに、何の準備もしてこなかった2人に腹が立っています。

このような2人に母は文句を言いながらでも面倒を見てしまい、自分で負担を抱えています。

自分がどうにかしてやりたい気持ちで一杯ですが、そうすることが出来ない自分にまた腹が立ちます。

仕事にお金をつぎ込んできたのは、生きていくためであり、これから先も仕事を続けていく為です。今後の私の頑張り次第で、生きたお金にすることが出来ると考えています。

しかし、2人の妹を援助するお金は何の役にも立っていません。

困った時には助けてもらえると考えている2人の意識を変えないと、今の状態が続くだけです。両親の金銭感覚は正常で、私の方がまったく金銭感覚が鈍っています。

従って、両親のお金の使い方に何の問題は無いのですが、みんなのお金の問題を両親が負担する事は今後やめてほしいと願っています。

2人の妹には今後援助は出来ないと、母からしっかりと伝えてもらいたいものですね。

母親だけが援助するのは不公平!他の親戚に応援を依頼

今現在、親のお金の問題は解決していませんが、近いうちに派遣を止め家業一本に生きていきたいと考え、自分が正式に家業を継ぐ事にしました。

親の年金は親の物として好きに使ってほしいので、自分が家業を継いだ際には、細々とでも構わないのでお金の問題が無い範囲で頑張りたいですね。

また、母の妹達の面倒は他の親戚にもお願いし、出来る範囲で援助していく方向に持っていく考えで、我が家だけで解決しようとするのは止めにしました。

また、毎月集金に数人の銀行マンが来ますが、成績アップの為に色々な頼み事をしてきます。

中には、そんなやり方までして成績を上げたいのかと疑問になる様な頼みごとも多々ありますね。

そもそも、仕事で融資を受けている訳でもなく、銀行に恩返しする様なこともされていないので、頼まれごとには応じずにはっきり断る様に母に伝えました。

また、ある時には契約している口座に自動融資の機能が付いているのを知らず、気が付かずに大金を引き出してしまったこともあります。

色々な事を全て理解出来る年齢ではないので、お金の管理に関しては母頼みにせず、私の方で全て管理することに決めました。両親には、お金以外の事で頑張ってもらいたいですね。

年金をつぎ込んでまで家業を続けるべきか話し合うべき

たとえ自営業であっても、年金をつぎ込んでまで続ける仕事かどうか早めの判断をすべき。

年金が使えれば、好きな事が出来ますし余生を心配なく過ごせます。

投資やギャンブルにつぎ込んだ訳ではなく、私の頑張り次第で今までつぎ込んできたお金を生きたお金にすることが出来ると考えていますが、もう少し早めの決断が出来ていたらと後悔しております。

また、親戚に1人暮らしの方がいたら早めに将来の事を話し合っておくことが大切と感じています。

時間が経ってしまうと、お互い共に年をとり出来る事も出来なくなりますし、今からでは遅すぎる事が多くなってしまいます。

正直に話したくない収入の話もあろうかと思いますが、時が来たら正直に全てを話し合う機会を作らないとお互いに困ってしまいます。

今の社会は、お金が無いと何もできない社会ですし、逆にお金があれば解決できる事が多いとも感じています。少しずつでもお金を貯めておく事は、自分の為以外にも大切だと感じています。

80代になっても現役バリバリの自営業者の両親が心配

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

要点まとめ

ここに本文を入力

寂しい老後を送る前に年金以外の収入源を確保しておきませんか?