老後の健康悩み

複雑な家庭環境!両親が離婚してる私達はどちらを介護すればいいのか

家族や親戚関係が微妙だとやり切れない気持ちになりませんか?

私自身、父親が養子だったため親戚はなんと2倍。

怒りっぽい性格は似てしまったのか、私を含め家族はいつも喧嘩ばかり。

そんなバラバラな家族ですが、母親が倒れた時は一致団結したとかしなかったとか…。

両親とも健在だが数年前に離婚して親権もバラバラ

28歳の女で、現在は6歳の息子を育てながら会社員として働いています。

旦那はいますが、ほとんど出張中の毎日で寂しい思いをしています。

家族構成は母親、父親、年が離れた姉、兄がいます。母親は65歳、父親は70歳です。

姉は結婚し16歳の娘がいますが、現在はシングルマザー。

兄は独身です。母親は普段パートをしていて、朝早くから夜遅くまで残業をして働いています。

父親は高齢なこともあり、知り合いのところで気ままに働いています。

健康面では、両親ともに高齢なこともありそれなりの不調を訴えてはいますが、大病をするほどではありません。

兄弟は就職のため、高校卒業後みな実家がある県の隣県に居住しています。父親は兄と頻繁に旅行に出かけているようです。

自分と姉には事後報告ですが、母親は友達と旅行に出かけたり、自分と趣味が合うので年に数回ライブに行ったりしています。

年末や子供の行事の際は母親が泊まりに来てくれたり、買い物に出かけたりしています。
逆に実家に兄弟そろって帰ることもありますが、基本的にはみな自分の時間を大事にして生きている感じです。

両親が倒れた時に備えなければならないが実家まで遠い

実は両親は自分が小さい頃で記憶にはありませんが、離婚していて別々に暮らしているために実家も二つあります。

実際別々に住んではいますが、実家の距離は車で10分程度。でも私が一番心配しているのは、両親が別々のところに住んでいることです。

両親に何かあった時にいくら近くにいても、交流があっても変化や異変にすぐに気づいてあげれるのか?が疑問です。

ありがたいことに、親の健康面では今のところ問題はありませんが、これから必ず出てくると想定しています。

お互い自由に老後を過ごすことに兄弟誰も不満を感じてはいませんが、実際何かあった時に早く駆けつけることは、県外で遠いから出来ずにいます。

そうなると、頼るところは両親のどちらかが駆けつけることになりますが、お互い仲が悪いわけではありませんが、お互いが頼ろうとせず付かず離れずです。

ですから、急に何かあった時に自分たちに連絡が来てもどちらか片方にまた連絡を入れなければならないなど、手間が生じる可能性を心配しています。

それとなく両親には話していますが、「お互い頼りたくはない。大丈夫だ」の一点張りで困っています。兄弟としては、離婚しても近くにいるのだから支えあって生きていてほしいのが正直なところです。

もはや誰がどちらの親とか言ってられない状況が近づく

さらに深いところだと、兄弟で戸籍や親権が違うために父親は姉と兄、母親が自分で実家も何もかも完璧に分かれています。

ややこしい関係だと思いませんか?

小さい頃や若い頃は、そこにこだわって父親にはあまり世話にならないように考えていて、
母親に何かあった時は長女でないが自分がどうにか対処する感じでした。実際、姉や兄も同じ考えで生きてきました。

しかし、両親が高齢になり不調を少しずつ訴えてきたときに、自分たち兄弟の生活環境も以前とは変わってきて、どちらの親に誰がとは言ってられなくなってきました。

ましてや姉が両親が離婚してから、父親に育ててもらい世話になったのにもかかわらず、
年を重ねるごとに父親と距離を置き始めました。

その為に父親に何かあった時に、姉に連絡が行ったり頼ることになるのですが本人は嫌みたいで困っています。

かろうじて兄は父親を気にかけてはくれますが、やはり姉は年が二人と離れていることもあり、人生の先輩としても頼りたいので、しっかり感情に左右されずに面倒を見てほしいのが本音です。

このままいくと、姉が父親と疎遠になってしまうと考えると気が気ではありませんね。

他の家族よりも複雑な分、たくさん話をして決めていかなければならないのになと嫌になります。

兄弟に遠慮して口出しできない現在の自分が歯がゆい

自分としては、父親から姉の行動や態度を聞くことが最近多く、それを兄に伝えて兄にしっかりしてもらうようにしています。

実際本音を言えば、仕事を辞めて二人とも兄弟がいる県へ引っ越しをしてきてくれればもっと戸籍やその他わだかまりを関係なしに、気にかけてあげることは出来るのでしょうが
あまりに自分がでしゃばり父親に関係することを姉が良く思っていません。

その為、なかなか父親のことに対して口を出すことが出来ない現状が歯がゆいんです。

父親が70歳になり、祖父が亡くなった年齢に近づいてきたこともあり健康面での心配事が多くなってきました。

大病をする可能性もしない可能性も、どちらもゼロではありませんのでなるべく両親が健康なうちに今後問題が起きたときにどうするか、だれがどのように面倒を見るか話し合いたのですが。

幸い兄はまだ独身で自由に生活できるので、今現在は父親のことは姉には任せずに兄に任せっきりにしています。それが、自分としては一番の最善策だと考えています。

自分は母親の面倒を見なくてはならないので、せめて父親のことは世話になった人が見るのがいいと考えていますが、実際はなかなかうまくいきません。

かといって、母親に何かあった時に姉は何もしないでしょうしね。

兄弟の順番も大事だけれど囚われすぎると解決しない

両親が離婚している人はたくさんいらっしゃいますよね?

でも、その中には全く現状を知らない人もたくさんいると思います。

逆にそうゆう人の方が、介護を簡単に考えることが出来るでしょうが、中途半端に両親が仲良かったり兄弟が戸籍上分かれていたりすると、小さい頃や若い頃は自分の感情や生活のことを優先に考えている環境じゃないですか!

でも、年を重ねていくごとに、そうではうまくいかなくなる時が必ずあります。

離婚しても連絡を取り合ったり、会ったり何かしら交流がある分きちんと話をして、お互いに生活を尊重して、何かあってからでは揉める原因になります。

ですから、私達のようにならないためにも、早め早めの対策を取ることをお勧めします。

兄弟の順番なども大切ですが、そこに囚われていては話が進みません。

どうにもならない自分達のように、老後の計画や健康面での相談も両親が介護が必要になった時どうしたいかを、しっかり聞きながら話し合っておくことをおすすめします。

両親が離婚して複雑な家庭環境の私は誰を介護するか?

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

要点まとめ

  • 家族構成:母親、父親、年が離れた姉、兄
  • 私達が小さい頃に両親は離婚、複雑な家族関係
  • 両親同士が家が近いのに、お互い干渉されたくない
  • 年の離れた姉や兄にモノ申したいができず歯がゆい
  • お互い尊重でしつつ問題解決しなければならない

家庭環境や血縁関係が複雑であればあるほど、話がややこしくなっていきます。私もそんな環境で育ってきたので、お気持ちは痛いほど分かります。

いっそしがらみを捨てることが出来たらいいんですけどね。

寂しい老後を送る前に年金以外の収入源を確保しておきませんか?